日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

2015年9月5日号

2015年9月5日号  

戦争法案・盗聴法改悪案 参議院で廃案に 「戦争する国」止める  

9月1日〜10日 集中行動期間

 日本を再び「戦争する国」にしようとする安倍政権。今通常国会中に、戦争法案と盗聴法改悪案の成立を狙っています。国民救援会は「戦争法案・盗聴法改悪案の廃案めざす集中行動期間」(9月1日〜10日)にとりくんでいます。全国で行動を広げましょう。

 この夏、国会周辺だけでなく、全国各地で戦争法案の廃案を求めてさまざまな共同したとりくみが展開されています。国民救援会の各都道府県本部、支部も独自の行動に加え、共同のたたかいに積極的に参加し奮闘しています。
 こうした全国規模のとりくみが広がるなか、安倍政権は衆院で戦争法案を強行採決。支持率が急低下しているいま、たたかいによって戦争法案を廃案にする展望が開けています。

戦争のために
盗聴で監視!?

 戦争を遂行するためには、国内で戦争に反対する声を抑圧する必要があります。安倍政権は、戦争法案と合わせ、国民を監視する治安立法の策定も同時にすすめています。8月に衆院で採決が強行された盗聴法・刑事訴訟法改悪案では、警察による盗聴捜査の大幅拡大が含まれており、詐欺や窃盗などの一般犯罪までも盗聴対象としました。これまで暴力団や組織犯罪に限定されていた盗聴捜査が、一般の市民の会話やメールにまで拡大されることになってしまいます。盗聴捜査と秋の臨時国会で提出が狙われている共謀罪が結びつけば、公安警察による国民監視がいっそう強まり、戦争に反対する声が抑圧されかねません。

成立を許すな
全国で行動を

 国会情勢を見ると、9月27日の会期末を待たず、戦争法案、盗聴法・刑訴法改悪案の成立を狙っています。それだけに、9月1日から10日までの集中行動期間の行動は重要なとりくみとなります。全国の支部、班、また会員同士で声をかけあい、とりくみをすすめましょう。

●戦争法案など反対の共同行動に、ノボリを掲げ参加しよう
●街頭で、宣伝、署名行動にとりくもう
●地元選出の国会議員事務所を訪問し、廃案を要請しよう

袴田事件 即時抗告審 高裁、検証実験の意向 非科学的な検察側提案に沿う  

 静岡地裁で再審決定が出され、検察の異議申し立てにより即時抗告審がおこなわれている袴田事件で、8月13日、東京高裁(大島隆明裁判長)で裁判官、検察官、弁護団による三者協議がおこなわれ、大島裁判長は、再審開始決定の根拠となった弁護団のDNA鑑定の有効性を検証する実験を、検察側の主張に沿う方法で実施する意向を示しました。
 検証の対象となっているのは、袴田巖(いわお)さんや被害者の血痕が付着しているとされた衣類について、筑波大学の本田克也教授が、血液由来のDNAを検出するために選択的抽出法を使っておこなったDNA鑑定で、再審決定の有力な根拠となっているものです。
 弁護団は、検察側の検証方法は自らの主張を導くための「誘導的実験」で非科学的だと指摘し、裁判所が検証実験をおこなう場合には、科学的で公正な方法でおこなうべきだと主張。裁判所が提示した内容について検討するとして、この日の協議は終了しました。次回は9月3日におこなわれます。

名張毒ぶどう酒事件 八王子駅で宣伝 30人が署名訴え  

 名張事件東京守る会は8月8日、無実の死刑囚・奥西勝さんを生きて取り戻そうと、国民救援会三多摩総支部の協力を得て、奥西さんが拘置されている東京・八王子医療刑務所の最寄駅であるJR八王子駅前で、約30人の参加で宣伝をおこないました。
 ちょうど八王子まつりと重なり、浴衣姿の人で賑わうなか、ノボリや横断幕を掲げ、ビラの入ったポケットティッシュ1000個を配り、支援を訴えました。暑い中、訴えに応えて足を止めて署名をしてくれる人もいました。
 守る会では、9月10日におこなわれる名古屋高裁包囲行動への参加を呼びかけています。

東住吉冤罪事件 再審裁判めざし毎週、要請行動  

 再審開始に向けて、全国47都道府県本部から署名も集中的に寄せられています。地元大阪では毎週月曜日を定例の要請行動日と決め、大阪高裁第4刑事部へ、届けられた署名を携えて要請を繰り返しています。
 8月24日には、裁判所周辺での昼休み宣伝行動をおこない、その後要請をしました。参加者たちが、「最終意見書の提出から3カ月以上が過ぎ、未だ結論が出ていないというのはどういうことか。獄中に20年もいる青木さんや朴(ぼく)さんの気持ちをどう考えているのか」と、詰め寄る場面も見られました。
 毎週月曜日の要請行動は、24回を数え、提出署名は目標の5万人分を千人分以上上回り、今も連日全国から届いています。
 再審裁判開始の日まで、全国のみなさんのご支援をよろしくお願いいたします。(大阪府本部)

袴田事件 県警の接見盗聴 3度目の抗議を  

 静岡・袴田事件で、検察側が開示した逮捕当時の静岡県警の取調べを録音したテープの中に、袴田巖さんが弁護士と接見した際の会話が含まれていたことが問題になっています。国民救援会など支援8団体で構成する「袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会」が、5月と6月に続き、8月18日、県警に対して3度目の抗議をおこないました。
 応対した担当者は、「今も昔も盗聴はしていない」と、反省の態度は全く感じられませんでした。
 何ら説明をする意思がない県警の対応に対して、苦情申し入れ書を県公安委員会に提出をしました。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional