日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

2014年のニュース・出来事

2014年のニュース・出来事  

高知白バイ事件、高知地裁が再審認めぬ不当決定(2014年12月16日)  

 12月16日、高知地裁(武田義徳裁判長)は、高知白バイ事件の片岡晴彦さんの再審請求を不当にも棄却しました。
 この事件は、2006年、高知市内の国道で、スクールバスが高知県警の白バイに衝突して死亡事故を起こしたとして、片岡さんが業務上過失致死罪で起訴。片岡さんは、バスは止まっていたと無罪を主張しましたが、禁錮1年4月が確定。その後、片岡さんが再審請求を申し立てたものです。
 再審請求審で弁護団は、有罪判決の重要な証拠とされた「ブレーキのスリップ痕」について、スリップ痕は人為的に作られたもので、現場写真はいたるところに画像を切り貼りした痕跡があり、合成した疑いがあるとする、千葉大学の三宅洋一教授の鑑定意見書等を新証拠として提出し、証人調べを求めていました。しかし、裁判所は三宅教授の証人尋問をせず、請求を棄却しました。棄却決定は、三宅教授の鑑定意見書について、「技術的にはネガフィルムを複製してねつ造する可能性があるというにすぎず、それ以上の価値を見いだせない」として、審理を尽くさず、新旧総合評価することもなく不当に請求を退けました。

冤罪あずさ35号窃盗事件、東京高裁が再審認めぬ不当決定(2014年12月12日)  

 東京高裁(村瀬均裁判長)は12月12日、長野・冤罪あずさ35号窃盗事件のYさんの再審請求を棄却しました。
 この事件は、2005年5月、JR新宿駅から出発しようとしていた特急あずさ35号の車内で、長野から都内に出張して帰宅途上だった、当時諏訪市役所の職員であったYさんが、若い男女に財布を盗んだろうと言いがかりをつけられた冤罪事件です。
 一審は無罪でしたが、二審・東京高裁で逆転有罪(懲役1年2月)となり確定。Yさんは東京高裁に再審を申し立てました。
 再審請求では、新証拠としてー称「被害者」と男性の証言を弾劾する目撃証言、革製の財布からお金を抜き取ろうとすれば必ず指紋がつくとの鑑定意見書、ホームにいた自称「被害者」と男性の位置からバックから財布をところは視認できないという鑑定意見書を提出しました。
 ところが、高裁は、,砲弔い討蓮¬楫眈攜醒気靴離船薀靴忙件の当事者の位置が指示されており、証言が誘導された可能性がある、∋慳罎出ていないからといって犯行がなかったことの証明にはならない、H鏗下圓見えたというのであれば見えた可能性は否定できないとして、確定判決の事実認定は揺るがないと再審請求を棄却しました。
 東京高裁決定は、弁護団が提出した新証拠を十分に検討もせず、抜き打ち的に請求を棄却するという不当なものです。

福井女子中学生殺人事件で最高裁が再審認めぬ不当決定(2014年12月10日)  

 最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は12月10日付けで、前川彰司さんが無実を訴えている福井女子中学生殺人事件に対し、再審を認めない不当決定をおこないました。国民救援会中央本部・福井県本部、再審・えん罪自事件全国連絡会は同日、抗議の声明(こちら)を出しました。

秘密保護法、施行強行に抗議(2014年12月10日)  

 安倍政権は、12月10日、多くの国民の反対の声を聞かず、憲法違反の秘密保護法の施行を強行しました
 これに対し、日本国民救援会は抗議の声明を出しました(声明はこちら)。
 また、国民救援会も参加する秘密保護法廃止へ!実行委員会は、首相官邸前で抗議行動をおこない、参加した360人を超える人たちが「廃止までたたかおう」と声を上げました。

最高裁裁判官の国民審査(12月14日)、憲法を守らない裁判官に×印を  

 総選挙(12月14日投票)と同時に最高裁判所裁判官の国民審査がおこなわれます。国民の直接投票で、不信任の裁判官を辞め(罷免)させることができる憲法79条に定められた国民の権利です。国民救援会は、「憲法を守らない裁判官に×印をつけよう」という運動をしています。詳しくは( File not found: "国民審査00.pdf" at page "2014年のニュース・出来事"[添付]
★投票にあたっての注意
 ・投票用紙にあるすべての裁判官を罷免したいと考えた場合は、裁判官一人ひとりの氏名欄の上に×印を記入します。一括して大きく×印を記載すると無効とされます。
・罷免していいかどうか分からない場合は、投票所の立会人に、「棄権します」と言って投票用紙を返しましょう。白紙投票は信任と見なされます。
・期日前投票は総選挙とは違い、12月7日からしかできません。

秘密保護法の施行に向けた閣議決定に断固抗議し、同法の廃止を求める声明(2014年10月14日)  

 安倍自公政権は10月14日、秘密保護法について、施行日を12月10日とするなどの関係政令と「運用基準」を閣議決定しました。日本国民救援会は、国民の反対と懸念の声を無視して強行した今回の閣議決定に断固抗議する声明(こちら)を出しました。

松島法相へ「憲法と国際人権規約の立場で任務にあたること」など要請書を送付(2014年10月10日)  

 日本国民救援会は10月10日、松島みどり法務大臣に対し、これまでの言動など法務大臣としての資質が厳しく問われていると指摘し、「日本国憲法と国際人権規約の立場にたって、人権と民主主義を守る職務にあたること」などを求めた要請書(こちら)を送付しました。

安倍政権の暴走を止めようと2000人が国会包囲(9月29日)  

 臨時国会開会日の9月29日、安倍政権の暴走を止めようと、2000人の市民が、「STOP安倍政権」のプラカードを掲げて、国会を包囲し、声をあげました。国民救援会も横断幕をかかげ、「秘密保護法廃止!」「集団的自衛権行使反対!」と声をあげました。

死刑執行への抗議声明(9月5日)  

 8月29日の死刑執行に対し、日本国民救援会は9月5日、抗議声明こちら)を出しました。

秘密保護法のパブコメに声を集中しよう(8月24日締切)  

 安倍政権は、秘密保護法の年内施行へ、運用基準などを定めて一気にすすめようとしています。その前提として、市民からの意見(パブリック・コメント=パブコメ)の集約が7月24日から8月24日の期間でおこなわれています。
 施行を許さないためにも、「運用基準でごまかすな、憲法違反の秘密保護法は廃止に」の声をパブコメに集中することが必要です。ぜひ「あなたもパブコメを出そう」のとりくみを広げてください。
 パブコメの出し方などはこちらを参照ください。パブコメを送る際のシートは、こちらも参考にしてください(国民救援会作成)。&ref(): File not found: "パブコメ.pdf" at page "2014年のニュース・出来事";
 みなさんのご協力の結果、2万3820件のパブコメが寄せられました。

東京・三鷹バス痴漢冤罪事件 逆転確定(7月29日)  

 三鷹バス痴漢冤罪事件で、東京高検が上告を断念し、津山正義さんの無罪が確定しました。ご支援ありがとうございました。

東京・三鷹バス痴漢冤罪事件 東京高裁で逆転無罪(7月15日)  

 津山正義さんが無実を訴えている三鷹バス痴漢冤罪事件で、東京高裁第4刑事部(河合健司裁判長)は7月15日、一審有罪判決を破棄し、津山さんに無罪判決を出しました。

大崎事件、福岡高裁宮崎支部が不当決定(7月15日)  

 原口アヤ子さんらが無実を訴え再審を求めている鹿児島・大崎事件に対し、福岡高裁宮崎支部(原田保孝裁判長)は7月15日、鹿児島地裁の再審棄却決定を支持し、原口さんらの再審を認めない不当決定をおこないました。裁判所に駆けつけた支援者は、裁判所に対し怒りのこぶしを上げて抗議しました。
 国民救援会と支援団体が抗議声明こちら)を出しました。

法制審・特別部会の「答申案」に抗議する声明(7月10日)  

 日本国民救援会は7月10日、昨日、法制審議会・新時代の刑事司法制度特別部会がとりまとめた「新たな刑事司法制度の構築についての調査審議の結果」(「答申案」)に対し、抗議する声明(こちら)を出しました。

鹿児島・大崎事件、7月15日に再審の可否  

 原口アヤ子さんが無実を訴え、再審を求めている鹿児島・大崎事件に対し、福岡高裁宮崎支部は7月15日(火)午前11時に再審の可否について決定を出す旨、弁護士に通知してきました。

集団的自衛権の行使容認の閣議決定に抗議する声明(7月4日)  

 日本国民救援会は7月4日、安倍自公内閣が7月1日におこなった集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に強く抗議をする声明(こちら)を出しました。

沖縄・高江ヘリパッド裁判、最高裁が不当決定(6月13日)  

 米軍ヘリパッド建設に反対する沖縄県東村高江住民の運動を「通行妨害」だと国が訴えていた裁判で、最高裁第2小法廷は6月13日、妨害禁止を命じた高裁判決を支持し、伊佐真次さんの上告を棄却する不当決定を言い渡しました。

集団的自衛権行使容認の閣議決定に断固反対する声明(6月14日)  

 国民救援会は6月14日、いま安倍自公内閣がすすめている集団的自衛権の行使を閣議決定で容認することに反対する声明(こちら)を発表し、同日、安倍首相、自民党、公明党に対し、FAXで送付しました。

盗聴法の大幅改悪反対―盗聴法廃止ネットが特別部会に要請書(6月5日)  

 国民救援会も参加する「盗聴法廃止ネットワーク」は6月5日付けで、法制審特別部会に対し、4月30日に発表された「事務局試案」が盗聴法(通信傍受法)の大幅な改悪に道を開くものであるとして撤回を求める要請書(こちら)を部会と各委員宛に送付しました。

三重・名張毒ぶどう酒事件で名古屋高裁が不当決定(5月28日)  

 5月28日、名古屋高裁刑事1部(石山容示裁判長)は、名張毒ぶどう酒事件第8次再審請求に対し、奥西勝さんの訴えを退ける不当決定を言い渡しました。国民救援会は、この不当決定に強く抗議する声明(こちら)を発表しました。

静岡・袴田事件で検察が即時抗告(3月31日)  

 静岡地検は3月31日、袴田事件の再審開始決定を不服として、不当にも東京高裁に即時抗告をしました。

静岡・袴田事件に再審開始決定(3月27日)  

3月27日、静岡地方裁判所刑事第1部(村山浩昭裁判長)は、無実の死刑囚・袴田巖さんが誤った裁判のやり直しを求めている袴田事件の第2次再審請求について、再審を開始し、刑の執行停止、拘置の取り消しを決定をしました。
 この再審開始決定を受けて、国民救援会中央本部・静岡県本部、再審・えん罪事件全国連絡会は連名で、声明(こちら)出しました。
 また同日、袴田事件を支援する8団体は最高検察庁に対し、即時抗告をしないこと、袴田さんを即時釈放すること、自由権規約にもとづく手続で再審を受けることを保障することなどを求めました。要請は、8団体(*)を代表して、アムネスティ・インターナショナル日本と国民救援会がおこないました。
 袴田さんは同日、東京拘置所を釈放されました(写真は、袴田さんを乗せ拘置所を出る車)。
*8団体=日本プロボクシング協会袴田巖支援委員会、袴田巖さんの再審を求める会、袴田巖さんを救援する静岡県民の会、袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会、浜松・袴田巖さんを救う市民の会、無実の死刑囚・袴田巖さんを救う会、アムネスティ・インターナショナル日本、日本国民救援会

仙台北陵クリニック・筋弛緩剤冤罪事件で不当決定(3月25日)  

 3月25日、仙台地方裁判所第一刑事部(河村俊哉裁判長)は、仙台北陵クリニック・筋弛緩剤冤罪事件について、守大助さんの再審請求を棄却する不当な決定を行い、弁護団に通知しました。
 この決定は、証人尋問、証拠開示等の事実調べを一切することなく、裁判所として真実に真摯に向き合うことなく出されたものです。
                                                   

東住吉冤罪事件、一日も早い再審求め裁判所包囲行動(3月7日)  

 大阪・東住吉冤罪事件で青木惠子さんと朴龍晧さんの一日も早い再審開始を求め、3月7日、14都府県から260人の参加で大阪高裁を取り囲んだヒューマンチェーンをおこないました。
 その後、3・7再審開始決定2周年報告集会が開かれました。集会では、朴さんのお母さんがあいさつに立ち、「裁判のやり直しを求める声が、米山裁判長に届いたと思います。先月、1年ぶりに面会してきました。息子は元気にしていました。でも、心はいつも落ち着きません。今後とも、青木さんと、息子を、よろしくお願いします」と涙ながらに訴えました。最後に、支援する会の尾崎事務局長が、署名活動の推進、高裁前の宣伝・要請への参加など行動提起をおこないました。

 

秘密保護法廃止をー国会開会日3000人で国会包囲(1月24日)  

 国会開会日の1月24日、秘密保護法の廃止を求めて、3000人の市民が集まり、午後1時30分と2時の2回、ヒューマンチェーンをおこないました(主催・「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)

名張毒ぶどう酒事件・奥西勝さん88歳誕生日全国いっせい宣伝行動  

 1月14日は、奥西勝さんの満88歳の誕生日です。国民救援会と名張毒ぶどう酒事件全国ネットワークは、毎年1月14日の奥西勝さんの誕生日にあたって奥西勝さんを励まし、一日も早い裁判のやり直しを求める宣伝行動を取り組んできました。
 名張毒ぶどう酒事件は事件発生から53年、奥西さんはすでに88歳の高齢となっています。奥西さんの命あるうちに救い出すため、今年も全国各地で、さまざまな行動が取り組まれています。

袴田事件・再審開始と釈放を求める全国集会に350人、地裁・地検へ要請(2014年1月13日〜14日)  

 袴田事件の支援8団体(*)は2014年1月13日、静岡市内で「袴田巌さんは無実だ! 即時再審開始と釈放を求める全国集会」を開催し、23都道府県から350人が参加しました。
 集会で、袴田巖さんの姉・ひで子さんが支援を訴え、江川紹子さんの講演がおこなわれました。集会では、元プロボクサーの輪島功一さん、布川事件の桜井昌司さん、杉山卓男さん、免田事件の免田栄さん、島田事件の赤堀政夫さんなどから連帯のアピールがおこなわれました。
 翌14日には、静岡地裁と静岡地検への署名提出と要請行動が行われ、WBCフライ級王者の八重樫東選手も参加しました。(詳細はこちら

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional