日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

12年6月25日号

12年6月25日号  

東電OL殺人事件 東京高裁 再審を認める決定  

 1997年に起きた殺人事件の犯人とされ、無期懲役で受刑中だったネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさんが再審(裁判のやり直し)を求めていた東電OL殺人事件で、東京高裁(小川正持裁判長)は6月7日、再審を開始し、刑の執行を停止する決定を出しました。決定は、新たにおこなったDNA型鑑定結果などから、第三者の犯行の可能性を示唆。「公判でこの鑑定が提出されていれば、有罪認定にはならなかった」としました。ゴビンダさんは同日夕方に横浜刑務所を釈放され、入国管理局に移送。15日、故郷ネパールへ向かう飛行機で家族とともに日本を出国しました。(関連記事2面)

 無数のノボリを翻して支援者が待つ東京高裁前。午前10時すぎ、第一報を伝える弁護士が広げた垂れ幕には、「開始決定」の文字。周囲は拍手と歓声に包まれ、支援者の笑顔がこぼれました。決定に合わせて来日していたゴビンダさんの妻・ラダさんは、両脇にいた2人の娘を強く抱き寄せて、再審決定の喜びに浸りました。
 弁護士から刑の執行停止も認められたことが伝えられると、「うおぉー」と、ひときわ大きな歓声が湧きました。その瞬間、目を潤ませて天を仰いだラダさん。両手を胸にあて、祈るようにそっと目を閉じました。
 マイクを手にしたラダさんは、「夫が牢屋に入れられてから15年、やっと自由の見通しがつきそうです。嬉しくて、嬉しくて、嬉しくてしょうがない」と話し、目頭を押さえました。

 横浜刑務所にいるゴビンダさんも、同じ時刻、面会した弁護士から再審決定の知らせを聞きました。ゴビンダさんは、落ち着いた様子で「ありがとうございます」と答え、「私の無実を信じてくれた裁判官と出会えて感謝の気持で一杯。弁護士、支援者の精一杯の努力、ご支援の結果です。一日も早くネパールに帰り、病気のお母さんに会いたい。15年間の時間は戻らない。すべてのDNA型鑑定をしたのだから、検察官はこれ以上戻らない時間を増やさないで欲しい」と話したそうです。

刑の執行停止、釈放 18年ぶりのネパールへ家族と  

 刑の執行停止決定を受け、横浜刑務所に収監されていたゴビンダさんは、東京入国管理局横浜支局に移送され、ネパールへ帰国する手続きに入りました。

 「本当に嬉しい。ありがとう。ありがとう。感謝の気持ちで一杯です。本当にめまぐるしい一日でした」

刑務所の外へ
 再審開始決定が出た日の午後5時、会見したラダさんは手を合わせ、お礼の言葉を語りました。
 裁判所が決定を出した直後、東京高検は、再審開始決定に異議を申し立て、刑の執行停止の取り消しを求めました。しかし、裁判所が執行停止の取り消しを認めなかったため、検察はゴビンダさんの釈放を指揮。ゴビンダさんは、出入国管理法違反(不法残留)の罪で有罪が確定しているため、東京入管横浜支局に移送され、強制退去の手続きに入りました。
 一方、再審開始決定に対する異議申立てについては、東京高裁の別の部で、再び再審の可否をめぐって審理が続きます。

「抱きしめて」
 「再審開始、刑の執行停止ということでやっと私たち家族にも太陽があたりました。ところが、検察が異議申立をして、雨が降ってきました。そしてまた太陽が照らしてくれました」とラダさん。「年老いて病気を患っている彼のお母さんにすぐにでも会わせてあげたい。そして抱きしめてもらいたい」と話しました。長女のミティラさんは、「ヒマラヤの麓でゆっくり休ませてあげたい」、次女エリサさんは、「お父さんと町を散歩したい」と話し、18年ぶりにネパールに帰るゴビンダさんと一緒に暮らせる喜びを噛み締めていました。
 翌8日、ラダさんら家族は東京入管横浜支局を訪れ、ゴビンダさんと面会しました。ゴビンダさんは、嬉しそうにニコニコ笑って3人を迎えると、スリムな2人の娘に、「お肉をちゃんと食べなさい」などと話しました。
 ラダさんは、帰国の際に着てもらうために仕立てたスーツや支える会の人たちから贈られたワイシャツを差し入れ、「一緒にネパールへ連れて帰るという、日本に来た目的が達成できてよかった。こんなに早く実現できるとは、正直思っていなかった」と話しました。

東京高裁 第三者の犯行示唆  

 公判のときに新証拠(DNA型鑑定など)が提出されていれば、ゴビンダさんが犯行をおこなったという有罪認定には到達しなかった――東京高裁はそう結論付けて再審開始を決定しました。
 昨年7月、検察がおこなった鑑定で、被害女性の体内に残っていた体液から、ゴビンダさんではない人物のDNA型が検出され、その型は現場に落ちていた体毛と一致することがわかりました。「ゴビンダさん以外の人が被害者を部屋に連れ込むことは考え難い」とした有罪判決の根拠が崩れました。
 検察は、それまで隠していた42点にわたる証拠(被害者の遺体に付着した唾液、被害者が着ていた衣服の血痕などの鑑定資料)を開示して追加のDNA型鑑定を要求。裁判所が「必要ない」としたにもかかわらず、独自に鑑定を強行しました。その結果、ゴビンダさんのDNA型は一切検出されず、一方で、遺体に付着した唾液や、被害者のコートに付着した血痕などから第三者のDNA型が次々と検出されました。
 決定は、これらの鑑定結果が、「第三者が犯人である可能性を示すものだ」と指摘。「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」に当たるとして、再審開始と刑の執行停止を決定しました。
 弁護団は、「『疑わしきは被告人の利益に』の原則が再審にも適用されるとした最高裁白鳥決定の論理に沿うもので、常識的な判断」と評価しています。

▼東電OL殺人事件

 1997年、東京・渋谷区のアパート内で、東京電力に勤務する女性の死体が発見され、現場近くに住むネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさんが逮捕・起訴される。ゴビンダさんは逮捕から一貫して無実を主張。一審無罪、二審で逆転無期懲役となり、最高裁で確定。横浜刑務所に収監されてから再審を請求していた。

「救援会の人、神さま」瑞慶覧副会長、山田顧問がゴビンダさんと面会  

 釈放され、出国を控えるゴビンダさんに、国民救援会の山田善二郎顧問と瑞(ず)慶(け)覧(らん)淳副会長が面会することができました。瑞慶覧副会長の報告を紹介します。

 6月12日、横浜の入国管理局でゴビンダさんに面会しました。横浜刑務所で面会制限が厳しくなって以来、4年ぶりの再会でした。
 アクリル板で遮断された面会室にゴビンダさんは笑顔で現れました。お互い「ナマステ」(こんにちは)とあいさつし、握手の代わりにアクリル板を軽くたたきながら、「おめでとう」「ありがとうございました」と喜び合いました。
 「山田さん、瑞慶覧さん、最高裁で負けて横浜刑務所で最初に面会した時のこと、覚えていますか?」とゴビンダさん。9年も前のこと。私たちが思いだそうと首を傾げていると、「あのとき山田さんは『ゴビンダさん、これからも希望をもって頑張りましょう』と。瑞慶覧さんは『救援会はあなたをネパールに返すまで支援しますから』と励ましてくれました。私は、みなさんの励ましを信じて頑張ることができました。本当にありがとうございました」と話しました。
 入管の中からは、外部にも電話をかけることができます。「ネパールのお母さんに電話をしましたか」と尋ねると、「お母さんは泣いて喜んでいました。早く帰って顔を見たい」と話しました。
 娘さんたちが、釈放が決まった日の記者会見で、「お父さんは、長い間狭いところで頑張ってきたので、ヒマラヤの麓に連れて行って休ませたい」と言っていましたよと紹介すると、ゴビンダさんは、その様子をテレビで観て知っていました。
 「ネパールを出る時、上の娘がまだ1歳、下の娘はラダのお腹にいて3カ月でした。みなさんのおかげで20歳と18歳になり、立派に成長してくれてホッとしています。再審開始になって本当にうれしいのですが、テレビに映る娘たちの映像を見ていると、この子たちと共に過ごすことができなかったことや、人生で一番大切な時期、奪われた15年のことを考えてしまい、悔しさと怒りの気持ちが湧いてきます」と、複雑な気持ちを明かしました。
 「ネパールに帰ったら、子どもたちが言うように、ゆっくり体や心を休めて、これからの人生が充実したものになるようにしたいです」
 そして別れ際、ゴビンダさんは次のように話してくれました。
 「国民救援会のみなさんは、神さまのような人々です。見も知らない私の無実を信じて、本当に長い間支援してくれました。そして私を助けてくれました。ありがとうございました。無罪になるまでには、まだ裁判は続くようですが、ひきつづきご支援をお願いします。ぜひ、ネパールにも来てください。家族で歓待します」
 笑顔で手を振るゴビンダさんに、「体に気をつけて頑張りましょう」と告げ、面会を終えました。

名張事件 奥西さん東京に移送  

国民救援会 刑の執行停止と釈放要求

 名張毒ぶどう酒事件の無実の死刑囚・奥西勝さん(86)が6月11日、名古屋市内の病院から八王子医療刑務所に移されました。
 奥西さんは5月25日の名古屋高裁での不当決定後、小康状態から体調を崩し、名古屋市内の病院に移されました。拘置所側は、「護送中」との理由で、ベットに横たわり治療を受ける奥西さんに片手錠をかけて監視状況に置きました。国民救援会は名張事件全国ネットなどと、手錠をつないだままで治療を受けさせることは許されないと厳しく批判し、刑の執行停止と釈放を検察庁や拘置所などに求めてきました。
 今回の移送について、拘置所側は、奥西さんの病状に変化はないが、回復を急ぐために、より医療体制の充実した刑務所である八王子医療刑務所に移すことにした、と説明しています。
 12日には、鈴木泉弁護団長が面会、東京守る会の落合修さんやジャーナリストの江川紹子さんの初めての面会も実現しました。14日には特別面会人の稲生昌三国民救援会副会長と奥西さんの親族が面会し、奥西さんを激励しました。
 面会のようすを稲生さんは次のように話しています。
 「車椅子に乗って現れた奥西さんは、マスクをして、口から食事がとれないため栄養をとる管が右首の経口血管にさされた姿で現れました。1カ月ぶりの面会でしたが、やせたようでした。奥西さんは私に『手錠はとてもつらかった』と話してくれました。私から『弁護団も支援者も一日も早い再審をめざしてがんばっているよ。みんなで支えるから心配しないでね』と言うと、『ありがとう。本当にありがとう』と何度も答えました。別れ際には、手を振り合って面会を終えました」
 15日には、国民救援会、名張事件全国ネット、全国の支援者20数人が、最高裁、最高検、法務省矯正局に要請し、刑の執行停止と釈放など求めました。

警官OB配置やめよ 全生連と連名でアピール  

 厚生労働省が3月に「不正受給」を口実に警察官OB等を福祉事務所に配置することを指示した問題(本紙5月25日号報道)で、全国生活と健康を守る会連合会(全生連)と国民救援会は6月1日、連名でアピールを発表しました。
 アピールでは、芸能人の母親の生活保護問題などの「不正受給」キャンペーンや厚労省が生活保護の基準引き下げやしめつけを強化している実態を指摘。そのようなもとで、警察官OBの配置で、権利としての生活保護制度が骨抜きにされかねない点や、生活保護の打ち切り・申請抑制によって生活保護予算の削減をしようとする狙いを指摘し、「犯罪の捜査や取締り」を責務としてきた警察官のOBを配置するではなく、「ケースワーカーの大幅増員」などの改善をすべきであると述べています。

布川事件 心つないで36年、守る会が解散総会  

 布川事件桜井昌司さん杉山卓男さんを守る会は、昨年5月24日、水戸地裁土浦支部で桜井さんと杉山さんに対し再審無罪判決が出され、確定したことで、その目的を達成しました。
 守る会は5月26日、東京・平和と労働センターで「継続は力 心つないで36年」と第36回総会を開き150人を超える人が参加しました。総会では、会の解散と「布川事件の国家賠償請求訴訟を支援する会」(仮称)を10月をめどに結成し、誤判原因の究明と、冤罪防止策(証拠の全面開示、取調べの全面可視化、代用監獄の廃止など)の実現のための運動を引き継ぐことを満場一致で確認しました。
 総会後、守る会の活動は、第36回総会をもって終了し、残務処理を8月31日まで、現事務局が責任を持っておこないます。また、守る会の運動をまとめた記録誌は6月末に完成予定です。
 長い間のご支援ご協力に心から感謝申し上げます。
 なお、年内に、布川事件の国家賠償請求提出、「布川事件の国家賠償請求訴訟を支援する会」結成、支援コンサートなどを予定しています。
 布川事件に関った多くの仲間は、引き続き冤罪根絶のために運動を進めてまいります。冤罪のない世の中をめざして共に前進していきましょう!

布川事件守る会事務局長・中澤宏)

東京・三鷹・バス痴漢冤罪事件 勘違いで「痴漢の犯人」に  

 バスの車内で女性の「スカートの上からお尻をなでた」として津山正義さん(公立中学校教諭、起訴休職中)が逮捕されたのは2011年12月22日のことでした。

■バスの車内で
 津山さんは、吉祥寺で学校の同僚たちと二学期終了後の懇親会で飲食した後、学校に置き忘れた財布を取りにJR吉祥寺駅前の停留所から仙川行きのバスに乗りました。
 津山さんは、脱着がしやすいよういつものように肩ひもを伸ばしたリュックサックをお腹側にかけていました。
 吉祥寺から八つ目の「新川停留所」の手前で、前にいた女性がこちらをにらんで何かつぶやいたので、津山さんはトラブルを回避するつもりで「ごめん、ごめん」と言いました。すると女性は津山さんの手をつかんで「降りましょう」と言うので、「勤務校へ向かうバスの中で言い争いはしたくない」と思い、一緒に降車しました。痴漢をしていないことをはっきり言って立ち去ったところ、1台後から来たバスの運転手と男性が追いかけてきて、「痴漢の犯人」として取り押さえられたのです。

■客観的証拠なし
 この事件で、女性は痴漢行為を見たわけでも、痴漢をしている手を捕まえたわけでもありません。女性の「さわられた」という供述があるだけで、これを補完する目撃証言など客観的な証拠は存在しません。
 逆に、逮捕後におこなわれた「微物鑑定」では、津山さんの手から女性のスカートの繊維はまったく検出されませんでした。スカートの繊維はウール100%で壊れやすく、さわっていれば必ず繊維が手に付着するものです。弁護側の実験では何回実施しても、スカートをさわれば必ず手から繊維片が検出されています。
 また、津山さんは車内で携帯メールを作成・送信し、その直後、女性と一緒にバスを降りています。検察側は降車前の時間帯に特に執拗な痴漢行為があったとしていますが、バスの車載カメラの映像ではこの時間帯の津山さんは「左手でつり革、右手でメール」の状態で痴漢行為はまったく不可能なのです。
 また、映像では乗車時、リュックサックを左肩だけにかけていた津山さんの姿が確認できます。これが女性の臀部(でんぶ)に接触することは同じ身長の人を相手にした再現実験(写真参照)でも明らかです。事件の真相は、リュックが女性の体にあたり「痴漢」と勘違いさせたことが原因なのです。

■教室へ戻りたい
 中学教師が子どもの頃からの夢だった津山さん。念願かなって昨年2年生の担任として教員生活をスタートし、3月には初めての教え子の卒業を見送るはずでした。「一日も早く無罪判決を勝ちとって教室へ戻りたい」と、東京地裁立川支部で裁判をたたかっています。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional