日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

09年9月15日号

09年9月15日号  

足利事件の菅家さん招き布川事件全国現地調査  

 42年前の1967年に茨城県利根町布川(ふかわ)で起きた強盗殺人で桜井昌司さんと杉山卓男さんが犯人とされた布川事件。2人は裁判のやり直し(再審)を求め、一審の水戸地裁土浦支部、二審の東京高裁でも再審開始決定を勝ちとり、現在最高裁でたたかっています。その布川事件の19回目となる全国現地調査が8月29日、30日におこなわれ、14都道県から105人が参加しました。最高裁の審理も大詰めを迎えるなか、足利事件の菅家利和さんも招いて、再審の扉を大きく開けようと活気あふれる現地調査になりました。

 1日目は事前学習会としてDVD「布川事件の40年」の上映と桜井さん、杉山さんからの訴え、そして弁護団報告、2日目は現地調査とまとめの集会をおこないました。
 「何とか自分たちが勝って、いま刑務所にいて冤罪を訴えている仲間たちを助ける力になりたい」と語る桜井さん。「菅家さんという同志も帰ってきた。手を携えて、冤罪をなくすまでたたかい続ける」と、再審開始決定を勝ちとる強い決意を述べました。
 つづいて、桜井さんと杉山さん、菅家さんの3人がそれぞれの取調べの様子を語り、ウソ、甘言、脅し、暴力を使ってウソの自白をさせる警察・検察の姿を明らかにしました。杉山さんは「警察の言葉がぐるぐると頭をかけめぐり、わけがわからなくなった」と生々しくふり返りました。

 弁護団報告では、飯田美弥子弁護士が桜井さん、杉山さんを無期懲役とした誤った裁判の判決のずさんさをわかりやすく指摘。犯人と2人をつなげる物的証拠が何もないことや、検察によって「目撃証言」が作りかえられる過程を表にし、わかりやすく解説しました。また、高裁で明らかになった証拠以外にも、無実を証明する証拠が警察・検察によって未だに隠し続けられていることを厳しく批判しました。

 2日目の現地調査では、「自白」にもとづき、事件当日の2人の行動を追いながら、事実と違う点を一つひとつ確認していきました。有罪判決の柱となっている「事件当日に被害者宅前で桜井さん、杉山さんを見た」という「目撃証言」を確かめるため、2人を「目撃」したとする場所で、実際証言通りに見えるかどうかの検証もおこなわれましたが、参加者から「遠くて昼でも見えない。(目撃されたとする)夜なら見えるはずがない」との声が漏れました。
 まとめの集会では、菅家さんが「現地を回って、布川事件も私の足利事件と同じように冤罪だと確信できた」と発言。また、地元の住民が飛び入りで参加し、「全国からこんなにたくさんの人が参加していて驚きました。地域の人たちも2人は無実だという見方が大きくなっている」と心強い応援を送りました。
 参加者は、2人の無実を確信し、一日も早く再審・無罪を勝ちとることを確認しました。

 布川事件が係属している最高裁第2小法廷では12月に2人の裁判官が退官することから、年内にも決定が出される可能性があります。再審開始決定を確定させ、無罪を勝ちとるために、支援の力を急ぎ強めていくことを確認しました。
〈要請先〉〒102―8651 千代田区隼町4―2 最高裁第2小法廷・竹内行夫裁判長

総選挙で自公政権が退場  

 8月30日投票でおこなわれた衆議院選挙で、自公両党は改選前の331議席から140議席へと大幅に議席を減らし、民主党が300を超える議席を獲得し、共産、社民両党は現有議席を確保しました。自公政権がすすめてきた軍事・大企業優先、国民切り捨ての悪政に対する国民の厳しい審判の結果です。
 自公政権が退場し、民主党を軸とした政権になりますが、国民救援会は、民主党が公約で掲げた取調べの全面可視化や国際人権規約の選択議定書の批准などの実現を求めていきます。同時に、衆議院比例定数削減など人権と民主主義を踏みにじる政策には反対していきます。

正念場迎える言論3事件 葛飾ビラ配布弾圧事件  

 この秋、言論弾圧3事件がそれぞれ重要な段階をむかえます。一審無罪、二審で逆転有罪となり、最高裁でたたかっている葛飾ビラ配布弾圧事件は、上告趣意書の提出から1年4カ月が経過しました。審理がおこなわれている第2小法廷では、2人の裁判官が12月に定年退官となることから、それまでに判決が出される可能性もあります。重要な時期にさしかかるいま、荒川庸生さんの決意をうかがいました。

――5年間におよぶ長いたたかいになりました。この間に失ったもの、あるいは得たものはありますか?
 私自身が失ったものがあったとしても、今になっては大して重要な問題ではありません。重大なのは、事件の影響でビラ配りの萎縮が表れていることでしょうか。
 一方で、たくさんの知り合いを得ることができました。裁判傍聴に来てくれる方や、私が全国あちらこちらに伺って支援要請をするなかで知り合った人たちが、「ビラを配ることは犯罪じゃない」と言ってくださる。そういう理解者をたくさん得たことは私の大きな力になりました。

――「裁判官への手紙」が4千通以上、学者や文化人からも多くのメッセージが寄せられています。
 戦争の時代を体験している方から「見ざる・聞かざる・言わざる」の時代の再来を危惧(きぐ)するメッセージが多く寄せられています。受け取る側の知る権利という観点から、ビラは大切だという方もいます。私たちが考えている社会常識や、世の中の「こうであってほしい」かつ「こうならないでほしい」という思いが共有できているんだと思いました。

――最高裁に向けた決意をお話しください。
 確かに正念場ですが、いま一番良いタイミングでたたかっていると言えるのではないでしょうか。
 ひとつは、裁判員制度が始まったいま、裁判所には市民常識が通用するような判断が求められているということです。私が体験したなかで、ビラ配りを犯罪だと言ったのは、警察、検察と東京高裁だけです。支援者はもちろんですが、私の檀家さんや街中の人たちからも、「なんでそんなことが犯罪なの」と言われます。裁判所はこの声を受け止めてほしいと思います。
 もうひとつは、今回の総選挙の結果です。選挙が盛り上がる、投票率が上がるということは、街頭でのマニフェストの配布なども含めて、ビラが大きな役割を果たしているのだと思います。国民が政治に関心を持って判断するには、多様な意見や考えを知らないといけません。ビラがみなさんに届くということは、選挙の投票率を上げ、民主主義を実現することにも貢献できることだと思います。
 人と人とのコミュニケーションを刺激する役割をビラは担えます。ビラも配れない閉塞した社会にしてはいけないと思います。

東京・痴漢えん罪沖田国賠訴訟が結審  

 最高裁で、目撃証人に準ずる唯一の証人の取調べをしないで判決をしたのは審理不尽の違法があるとして東京高裁に差し戻された沖田国賠訴訟の差戻し審の第2回口頭弁論が8月27日、東京高裁で開かれました。
 沖田光男さんの弁護団は前回の証人調べを受けて、沖田さんが痴漢行為をおこなっていないこと、痴漢にあったとの女性の申告が虚偽であったことなどを認めて沖田さんの請求を認めるようにと弁論しました。沖田さん本人も陳述し、「やっと一筋、真実の光が射しました。突然、『痴漢です』と名指しされた日から、既に10年。痴漢容疑の逮捕・勾留によって、屈辱的体験を強いられました。事件は不起訴で終わり、一刻も早くこの忌まわしい出来事を忘れようとしましたが、出来ませんでした。先日の証人尋問が、もっと早い時点で実施されていたならば、こんなに長い時間をかけずに真実があきらかになったのではないか。真実を照らすような判決を心より願っています」と述べると、傍聴者は大きくうなずきました。
 女性側は、虚偽の申告をしたことが証明されない限り、女性に損害賠償を課すべきでなく、もし課したなら、痴漢被害にあった女性は被害申告できなくなるなどと弁論。痴漢行為など全くなかった事実をを棚に上げて、一般的な痴漢被害者の話にすり替えました。
 判決言い渡しは、11月26日(木)午後2時に指定されました。
 裁判後の報告集会で沖田さんの妻・有美さんは、「夫婦とか家族だとかいう以上に、一人の支援者として、現在の司法に対して怒りを感じます。沖田の裁判でなんとか風穴を開けることが出来ればと思い頑張ってきました」とこれまでの気持ちを述べました。
 支援団体の代表世話人・橋本左内さんが、「判決日まで100日もありませんが、私たち一人ひとりが東京高裁に要請ハガキを出していきましょう」と行動提起をしました。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional