日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

09年3月5日号

救援新聞より

09年3月5日号  

名張毒ぶどう酒事件 全国オルグはじまる  

 無実の死刑囚・奥西勝さんが裁判のやり直し(再審)を求めて最高裁でたたかっている三重・名張毒ぶどう酒事件は、いつ決定が出されてもおかしくない緊迫した情勢にあります。このようなもとで、2月から要請団が各地を訴えてまわる全国オルグがスタートし、支援を広げています。名張事件全国ネットワークと力を合わせ、再審開始をめざし全国でとりくみを強めましょう。

「一刻も早い再審開始で、獄中の奥西勝さんを救い出そう」
06年に名古屋高裁で再審開始決定が取り消され、現在最高裁に特別抗告を申し立てている名張毒ぶどう酒事件。最高裁のたたかいは2年が経過し、いつ決定が出てもおかしくない状況になっています。
 国民救援会では、「名張・布川事件対策推進委員会」を設置し、奥西さんが満83歳を迎えた1月14日を中心に全国33都道府県47カ所でいっせい宣伝行動を行い、合計でビラ1万3080枚、署名527筆を集めました。1月からは毎月、地域別の要請行動にとりくんでいます。緊急の要請ハガキは約1万5千枚が普及され、運動が広がっています。この運動をさらに前進させようと、2月16日の静岡県を皮切りに、全国オルグがスタートしました。

訴えに心動き守る会に15人

 2月16〜17日は静岡県浜松市を中心に奥西さんの特別面会人の一人、稲生昌三さん(国民救援会副会長)と、国民救援会浜松支部の事務局長・鈴木善次郎さんら3人で、団体14カ所を訪問し、訴えました。
 「奥西さんは41年間名古屋拘置所の独房に入れられている。いつ決定が出されてもおかしくないいま、『再審の扉を開け』という声を全国から最高裁に集中したい。緊急に、要請ハガキの普及に協力してほしい。無実の者を死刑にしてはならない。生きているうちに社会に連れ戻したい」
 16日の夜は学習会が行われ、16人が参加しました。事件を深く知ることで心を動かされ、15人がその場で守る会に入会しました。
 2日間の行動で、要請ハガキ300枚、署名200筆余、カンパ7万円の協力を得られました。

地道な活動が支援をつくる

 2月23〜24日は、神奈川県の横浜市、川崎市を中心にオルグ行動が行われました。稲生さんと神奈川県本部の事務局長・田戸俊秀さんら5人で11団体を回りました。
 訪問したある労働組合の事務所では、「冤罪は本当に恐ろしい。でも、皆さんのように歩いて訴えている人たちがいるから支援が広がるんですね。奥西さんは、心から支援する人たちに支えられていて励みになっているでしょうね」と、カンパを手渡してくれたうえ、ハガキ30枚をすぐに出すと協力を約束してくれました。地道な訴えが共感を広げ、具体的な支援の形になりました。
 2日間の行動で、要請ハガキ310枚、カンパ5万8500円の協力を得られました。

*  *

 稲生さんは全国オルグを控えて、奥西さんと面会しました。「みなさんにお礼を伝えてほしい」とくり返し話す奥西さん。「(拘置所の)中からではどうにもできない。支援のみなさんや弁護団の力に頼るほかありません。自分も頑張ります。よろしくお願いします」
 奥西さんの期待に応え、3月末の全国現地調査を成功させましょう。また、北から南まで、各地でのオルグも次々と計画されています。支援のとりくみを強めて最高裁を動かし、奥西さんを生きて救い出しましょう。

〈再審開始要請先〉
〒102―8651 千代田区隼町4―2 最高裁第3小法廷・堀籠幸男裁判長

最高裁、2事件に不当決定  

千葉・明乳争議市川訴訟 不当差別是正せず  

 明治乳業の市川工場の労働者が提訴していた裁判について、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は2月17日付で、上告棄却・上告不受理の不当決定を行いました。
 「合理化」を強行しようとする明治乳業は、労働条件の改善をめざして民主的な労働組合活動を行ってきた労働者に対し、賃金・昇格差別を行いました。これに対し市川工場で働く32人の労働者が、賃金の昇給・昇格差別の撤廃・是正を求めて85年に東京都労働委員会に申し立てました。
 しかし、都労委、中労委ともに、救済の申立てを退ける不当命令を行いました。これを不服として裁判所に提訴しましたが、一、二審とも請求棄却の不当判決が出されました。ただし、二審東京高裁は、賃金に明らかに格差のあることを認め、原告である労働者の主張について「妥当するとみる余地はある」などとの判断を示しました。
 今回の最高裁決定は、「受理すべきものとは認められない」という門前払いの決定で、会社の不当差別を是正しない不当なものです。
 争議団、支援共闘会議、弁護団は声明を出し、「不当な決定を乗り越え、争議の全面解決をめざして引き続きたたかう」と決意を表明しています。
〈抗議先〉〒102―8651 千代田区隼町4―2 最高裁第3小法廷・田原睦夫裁判長
〈激励先〉〒272―0015 千葉県市川市鬼高2―6―2 明治乳業争議団

長野・蒲原沢土石流国賠 国の責任を認めず  

 長野・蒲原沢土石流国賠裁判について、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は2月17日付で上告不受理の不当決定を通知してきました。
 この裁判は、1996年12月に新潟県境にある長野県小谷村の蒲原沢で、前年の集中豪雨によって発生した土石流の被害の復旧工事を行っていた作業員がふたたび発生した土石流に襲われ、14人が死亡した事故について、亡くなった3人の遺族が工事を発注した国や県の責任を追及して起こした裁判です。
 一審の長野地裁松本支部は、蒲原沢が土砂が崩壊しやすい地層や地形であり、当時大雨・雪崩注意報が出ていたことを認めながら、土石流の発生は予見不可能であったとして、原告の請求を棄却し、昨年8月には東京高裁も一審判決を支持し、控訴棄却の不当判決を出し、これを不服として最高裁に上告していました。
 今回の最高裁決定は、最高裁が「受理すべきものとは認められない」と、国などの責任を認めず、短期間で十分な審理もしない不当なものです。
〈抗議先〉〒102―8651 千代田区隼町4―2 最高裁第3小法廷・近藤崇晴裁判長
〈激励先〉〒380―0823 長野市南千歳1―19―9 サンライズホテル内国民救援会長野県本部気付

国民救援会が新たに支援決定した冤罪事件 長野・あずさ35号窃盗冤罪事件  

 2005年5月10日、JR新宿駅6番線ホームで、午後9時発の特急あずさ35号松本行きで東京への出張から帰宅しようとしていた地方公務員の柳澤広幸さん(当時37歳)が、電車内で財布を盗ったと咎(とが)められ、逮捕・起訴された事件です。一審の東京簡裁は無罪としましたが、東京高裁で逆転の有罪(懲役1年2月の実刑)、最高裁で上告棄却で刑が確定しました。

事件の概要  

 事件当日、柳澤さんは同伴者と2人で禁煙車に乗車。出発までの時間を利用し、売店で買ったシュウマイを白い手提げ紙袋に入れ、タバコを吸うために喫煙ができる5号車(自由席)に乗り、通路で立ってタバコを吸っていると、車内が混雑してきたため、右窓側1番A席の空席に座りました。持っていた紙袋は両足の甲に乗せ、前の座席に立てかけるように置きました。一服し、紙袋を持って席を立ち、自席に戻ろうと歩き出した時に、背後からA男に「財布を盗ったろう」と声をかけられ、財布を顔の前に突きつけられました。柳澤さんは、自席を離れホームで話していたA男とB女(ともに未成年)の2人に、言いがかりをつけられ脅されたと思い、パニック状態になりました。車外に降ろされた柳澤さんは「明日も仕事があるので電車に乗せてください」と名刺を出し、事情を説明するため駅事務室へ向かいましたが警察署に連行され、A男による「現行犯逮捕」とされ、4カ月間勾留されました。柳澤さんは一貫して無実を訴えています。

一審無罪、逆転有罪  

 東京簡裁の無罪判決では、左図のような状況で犯行を見たとするA男、B女の供述は信用できないとしました。裁判所による現場検証も行われ、あずさ号の窓の大きさ、イスの高さ、A男B女2人と電車との距離などから、バックから財布を盗ることを目撃することは不可能であると認定。そして、2人の供述の「犯行の様子」なども不自然であり、虚偽の疑いもあること、反対に柳澤さんの主張は一貫しており信用できるとしました。また、捜査についても、逮捕時に両者の主張が根本的に違う場合は慎重な捜査が必要、と批判しました。
 ところが東京高裁は、何ら根拠なく、「B女はバックのことを気にしていたというから見えないところにいたのは不自然であり、見えたという供述は信用できる」「女性らが嘘をつく動機はない」と不当な有罪判決を言い渡しました。
 最高裁段階で、柳澤さんが目撃証人を求めて配ったビラを見て、A男と言い争っているのを見た証人が名乗り出ました。A男は、柳澤さんを先回りして6号車よりのデッキで柳澤さんが持っていた袋の中から財布を取り戻して追及したとしていますが、柳澤さんは座席を立ったらすぐに後ろから声をかけられたと主張しています。この証人は、柳澤さんが証言した位置で言い争っていることを目撃しており、柳澤さんの証言の正しさを裏付けました。しかし、最高裁は上告棄却の不当決定を行ったため、柳沢さんは服役を余儀なくされ、昨年1月に出所し、現在再審請求を準備中です。
〈激励先〉〒394―0846 岡谷市本町2―6―47 信州しらかば法律事務所内 国民救援会諏訪地方支部気付

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional