日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

名張宣伝スポット1(2011)

2011年名張毒ぶどう酒事件いっせい宣伝行動の成功を

名張・奥西勝さんの85歳誕生日、全国いっせい宣伝行動スポット1  

みなさん。
 今からちょうど50年前、三重県名張市葛尾(くずお)の公民館で行われた懇親会の席上、女性用飲み物として出されたぶどう酒に毒が入れられ、5人が死亡、12人が重軽傷を負う事件が起きました。「名張毒ぶどう酒事件」です。私たちは、この事件の犯人として死刑を宣告され、実に半世紀もの長きにわたって名古屋拘置所の独房から無実を叫び続ける奥西勝さんを支援する「○○(組織名)」です。
 今日1月14日は、奥西勝さんの満85歳の誕生日です。逮捕されたときは35歳でした。私たちは、高齢の奥西勝さんを励まし、一日も早い裁判のやり直しを求める宣伝を全国で取り組んでいます。今街頭でお配りしている訴えをぜひお読み下さい。そしてまた、一日も早い再審開始、身柄の釈放などを求める裁判所宛の要請署名にご協力をお願いします。

 みなさん。
郵政不正事件に関わって、大阪地検特捜部の主任検事が証拠資料を改ざんし、厚生労働省局長(当時)を犯人仕立てようとしたことが発覚し、大きな社会問題となっています。
 マスコミは、今回の事件を「前代未聞」と報道していますが、名張事件でも検察は証拠の捏造、改ざん、奥西さんの無実を示す証拠を隠しています。
名張毒ぶどう酒事件は、1961年、三重県名張市の山深い里で、集落の懇親会の席上、農薬が混入されたぶどう酒をのんで5人が死亡した事件です。警察・検察は殺人事件として奥西さんを逮捕・起訴し、1審は証拠を詳細に検討して、無罪判決を言い渡しました。ところが2審では一転して死刑。根拠となったのは、問題のぶどう酒の王冠についていた傷と奥西さんの歯型が一致するという鑑定でした。しかし、第5次再審請求審でこの鑑定は、鑑定写真の倍率を操作して、ねつ造したものであることが明らかになりました。また、検察は膨大な証拠を隠しています。
さらに、第7次の再審請求で、弁護団は、ぶどう酒に入っていた毒物は、警察に強制された「自白」させられた農薬とは別な農薬でることも明らかにしました。

みなさん。
名古屋高裁(刑事1部)は、2005年4月に裁判のやり直し(再審開始)を命じました。ところが、同じ名古屋高裁(刑事2部)は、この再審請求開始決定を取り消してしまいました。農薬が別物だったことは当時の検査では見つけられなかった可能性もあり、「自白」は信用できるというものでした。
 最高裁は、昨年4月、再審開始決定を取り消した名古屋高裁(刑事2部)決定の判断が「科学的知見に基づく検討をしたとはいえず、その推論過程に誤りがある疑いがある」として、あらためて名古屋高裁(刑事2部)に審理を差し戻す決定を行いました。ところが検察は、差戻し審では農薬問題についての従来の主張を事実上撤回、再審開始決定に対する異議申立の理由がなくなったのです。したがって、裁判所は、この時点で再審開始決定を確定させるべきでした。検察は、あらたに農薬を再製造して50年前と同じ条件での再現実験をやろうというそもそも不可能な新主張をおこない、裁判所もそれに傾く態度を示しています。
奥西さんは、85歳です。これ以上の審理の引き延ばしは許されません。迅速な審理を求めた最高裁決定にも反します。名古屋高裁は、検察の不当な異議申し立てを棄却して、再審開始をすべきです。
みなさまのご支援を心からお願いします。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional