日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

豊川幼児殺人事件

国民救援会の支援事件

豊川幼児殺人事件  

事件の概要  

 2002年7月28日午前1時頃、愛知県豊川市内のゲームセンターの駐車場で、とめてあった車の中にいた当時1歳10カ月のAくんが誘拐され、4時間後に三河湾で遺体となって発見されました。
 事件から9カ月後の03年4月15日、警察は、事件当日に同じゲームセンターの駐車場にいたトラック運転手の田辺雅樹さん(当時35歳)を犯人として逮捕。田辺さんは、いったんは「自白」させられましたが、国選弁護人と接見した後、否認に転じました。
 2006年、名古屋地裁で無罪。しかし07年、名古屋高裁で懲役17年の有罪判決が出され、08年、最高裁で刑が確定。現在、大分刑務所に収監されています。

■有罪判決の筋書
 有罪判決の描く事件は以下のとおりです。
 妻から「長男への勉強の教え方が悪い」などと罵(ののし)られた被告人(田辺さん)は、27日午後8時30分頃、軽自動車でゲームセンターに車を止めて眠りについた。ところが、近くの車の中で寝かせられたAくんの泣き声で眠れなくなり、妻から罵られたことを思い出し、イライラがつのり、Aくんをどこかへ置き去ろうと考えた。Aくんを自分の車に乗せ、車を走らせたが、誘拐を知られないために殺害を決意。三河湾に面したガードレールの側に車を止め、海に投げ、殺害した。

■有罪判決の問題点
〇Τ科法の変遷
 田辺さんは当初、Aくんをガードレールの外側に立たせ、背中を押して海に落としたと「自白」していました。しかし、朝日新聞などが調査した結果、投げ捨てた時刻は干潮で、岸壁直下の岩が露出し、そこに落ちれば外傷が残るはずなのに遺体には外傷はなく、矛盾が判明。その指摘後に、「自分もガードレールの外に立ち、被害者をバスケットボールのように数メートル投げた」と現場の状況と合うように「自白」が変更されました。
⊆屬忘跡がない
 田辺さんの軽自動車の微物検査がおこなわれましたが、Aくんを乗せた証拠(痕跡)は発見されませんでした。
「自白」の強要
 判決では、逮捕前に「自白」していることを重視しています。しかし、任意同行を求められ警察署へ連行された田辺さんは、取調べのあとも、警察が日頃利用するビジネスホテルに宿泊させられた上、翌日再び警察署へ連れて行かれるなど、強制的に社会と隔離させられ、孤立感を強めたもとで「自白」に追い込まれました。また、精神鑑定の結果、田辺さんが「非常に迎合的である」との所見が出ています。
 田辺さんは、駐車場で睡眠をとっていただけで、事件とは関係ありません。

■再審を求めて
 2011年7月に豊川幼児殺人事件・田邉さんを守る会が結成され、2016年7月に、名古屋高裁に再審を申立て。

守る会の連絡先/署名等  

  • 連絡先 豊川幼児殺人事件・田邉さんを守る会
     〒460-0011 名古屋市中区大須4−14−57 日本国民救援会愛知県本部
  • 激励先 田邉雅樹 さん
     〒870-8588  大分県大分市大字畑中303 大分刑務所
  • file署名

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional