日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

乳腺外科医師冤罪事件

乳腺外科医師冤罪事件  

事件の概要  

東京都足立区の病院で右胸から乳腺腫瘍を摘出する手術を執刀した外科医師が、女性患者から「術後に左胸を舐めるなどのわいせつ行為をされた」と訴えられたもの。
2019年2月20日、東京地裁刑事第3部(大川隆男裁判長)で無罪判決。検察が控訴し、現在東京高裁。

激励先/要請先  

署名  

file乳腺外科医師冤罪事件 東京高裁宛署名

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional