日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

終結した事件

国民救援会の支援事件

終結した事件  

言論弾圧・権力犯罪・責任追及事件  

  • 白龍町マンション暴行でっち上げ事件国賠訴訟
  • 東京・国公法弾圧堀越事件(堀越明男)
     一審で罰金10万円・執行猶予2年。東京高裁で無罪判決。12年12月、最高裁で確定。
  • 東京・世田谷国公法弾圧事件(宇治橋眞一)
     12年12月、最高裁で罰金10万円の不当判決が確定。
  • 神奈川・山崎裁判(山崎正則)
     一審では米兵の責任は認めたものの、米軍と国の責任は認めず控訴したが、棄却。13年6月に最高裁で上告棄却。
  • 愛媛・白バイ衝突山本事件国賠訴訟(山本昌樹)
     一、二審敗訴。13年6月、最高裁で上告不受理の不当決定。

冤罪事件  

過労死・労災・職業病事件  

  • 山梨・山形功氏過労死事件(山形真弓)
     最高裁で上告棄却となり敗訴。
  • 静岡・石田過労死裁判(石田 衛ほか1人)
     労働災害が認められず敗訴し終結。

不当解雇事件  

  • 福島・聖光学院高校加藤先生不当解雇事件(加藤英徳)
     一、二審不当判決。13年2月に最高裁が上告棄却。
  • 福島・帝京安積高校柴崎先生不当解雇事件(柴崎正則)
     一審不当判決。仙台高裁で和解成立。
  • 群馬・NSK不当解雇撤回事件(3人)
     高裁の訴訟取り下げ終結。
  • 栃木・JMIUホンダ自動車支部解雇撤回裁判(桜井斉)
     一、二審不当判決。最高裁で上告棄却。
  • 栃木・キヤノン偽装請負・解雇事件(阿久津真一他4人)
     都労委で勝利和解。
  • 栃木・全農とちぎ労組解雇撤回裁判(佐藤文男他4人)
     宇都宮地裁に提訴し、和解。
  • 長野・坪井先生の免職処分取消訴訟(坪井香陽)
     東京高裁で懲戒免職処分取消し、職場復帰。
  • 新潟・学校法人加茂暁星学園事件(原告2人)
     一、二審不当判決、13年9月、最高裁で上告棄却。
  • 新潟・社会福祉法人常陽会不当解雇事件(薄田広人)
     一審勝利判決。東京高裁で勝利和解。
  • 山口・長門高校不当解雇事件(岸野麻子)
     広島高裁で勝利和解。
  • 福岡・後藤クリニック不当解雇事件(戸田千泉)
     13年2月、福岡地裁小倉支部で勝利判決。4月より職場復帰。
  • 群馬・コガックス不当解雇撤回事件(原告 恵面聖一)一審、二審、不当判決。最高裁で上告棄却。
  • 栃木・JMIUアドバンテック支部不当解雇撤回裁判(原告 柴田正夫)二審で和解し終結。
  • 神奈川・デパート地下痴漢えん罪事件(原告 河野優司)13年4月、東京高裁で免職取消しの逆転勝訴判決。最高裁で確定し、再雇用の方向で市と調整中。
  • 長野・堀田さんの不当解雇撤回訴訟(原告 堀田和子)全面勝利で職場復帰勝ちとる。
  • 愛知・三菱電機派遣切り訴訟(原告 3人)一審は、派遣元、派遣先企業の責任を認めたが、二審で敗訴。最高裁で確定。
  • 大阪・ダイキン工業不当解雇争議(原告 4人)一、二審不当判決。最高裁が上告不受理。
  • 山口・マツダ派遣切り裁判(原告 17人)12年3月、一審勝訴。会社側が控訴するも、広島高裁で和解解決。
  • 香川・社保庁職員・分限免職処分取消裁判(原告 綾信貴)高松地裁に提訴するが、人事院判定で勝利し、提訴取り下げ。

不当配転・差別事件  

  • 京都・全厚生不当処分取消訴訟(川口博之)
     一、二審不当判決。12年11月12日最高裁で上告棄却。
  • 福岡・TNC正社員化宮崎裁判(宮崎幸二)
     一、二審不当判決。13年7月、最高裁で不受理の不当決定。
  • NTTリストラ裁判
    (原告3人)
     一、二審不当判決、最高裁で上告不受理の不当決定。
  • 福岡・NTT西日本不当配転事件(大園公生)
     13年9月に中労委で勝利和解。
  • 北海道・NTT派遣化強要裁判(原告 3人)一、二審不当判決。最高裁で14年6月に上告棄却。
  • 北海道・渡島信金不当労働行為救済命令取消裁判 地裁で勝訴し確定。
  • 長野・高見澤電機不当労働行為事件(原告 JMIU高見澤電機支部)一、二審不当判決。裁判闘争は終結し、交渉を通じてたたかう。
  • 大阪・JMIU天雲分会差別事件(原告 JMIU天雲分会)一、二審で勝利判決。会社側の上告を最高裁が不受理。
  • 大阪・日本ビクター請負サービスマン争議(原告 JMIUビクターサービスマン分会)一、二審不当判決。最高裁で労働者性の可否を巡り東京高裁に差し戻し、勝訴判決。会社側が上告するが最高裁が受理せず。

市民事件・その他  

  • 北海道・自衛隊格闘技訓練死裁判(島袋 勉)
     札幌地裁が13年3月国家賠償責任を認める判決。確定。
  • 福島・若松一校パワハラ訴訟(木村智美)
     13年5月、学園側が謝罪し和解成立。
  • 群馬・きりのこ保育園事件(きりのこ保育園分会)
     関口好さんは労働委員会で勝利和解し再雇用。
  • 埼玉・三郷生活保護裁判(原告 2人)
     13年2月さいたま地裁が生活保護の申請権利の侵害を初めて認め、三郷市に支払い命令。確定。
  • 愛知・津島民商納税猶予訴訟(原告 3人)
     05、06年分は一、二審敗訴。08年分は原告1人の納税猶予を認める判決。
  • 岡山・原爆症認定訴訟(川中優子)
     一、二審不当判決。終結。
  • 福岡・読売新聞「押し紙」訴訟(真村久三、平山春雄)
     一、二審敗訴。最高裁で不受理の不当決定。
  • 熊本・中国人実習生訴訟(農業実習生3人)
     一、二審で不当判決。13年9月に最高裁で不受理決定。
  • 北海道・滝川市生活保護不正問題住民訴訟(原告 169人)一、二審で幹部職員の責任認めるが市長の責任不問の判決。確定。
  • 沖縄・ヘリパッド訴訟(被告 伊佐真次)一、二審不当判決。6月に最高裁で上告棄却。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional