日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤に、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支える人権団体

レッドパージ国家賠償請求裁判

レッドパージ国家賠償請求裁判  

事件の概要  

戦後、アメリカ占領軍の示唆を受けた政府と財界により、4万人が公職と企業から追放され60年以上が経過。09年、高齢の3人が、国に対して名誉回復、国家賠償を求めて提訴。現在第4次再審請求抗告審(最高裁)。
原告 大橋豊さんほか2人

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional